アプリで読む
ダウンロード

在台香港人団体が組織化 団結強化、香港への関心を台湾社会に呼び掛け

2021/09/13 16:32

台湾在住の香港人でつくる団体「香港辺城青年」は13日、台北市内で記者会見を開き、社会団体として内政部(内務省)から認可を得たと発表した。在台香港人の結び付きを強化するほか、香港の状況に対する関心を台湾社会に呼び掛けることなどを設立趣旨とする。同団体の江旻諺理事長は、香港内での抗議活動が地下化する中で、在台香港青年が組織化を選んだことは非常に重要であり、評価に値すると話した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107