「作家愛した味を家で」文学基地の持ち帰りサービス/台湾

2021/06/10 14:14

台湾文学を広める拠点として利用されている台北市の市定古跡「紀州庵文学森林」。新型コロナウイルスの感染拡大で展示会やイベントが開催できない中、作家が考案した料理を持ち帰りで提供するサービスが文学ファンから好評を得ているという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。