「独身の日」 台湾各地の独立系書店が一斉休業 通販業者の価格競争に抗議

2020/11/11 17:52

ネット通販サイトでセールが繰り広げられる「独身の日」の11日、台湾各地の独立系書店30軒以上が一斉に1日休業した。通販サイトによる書籍の過度な値引きに抗議するのが狙い。独立系書店は、価格競争が書店業界に与える弊害について読者や社会に考えてほしいとし、この問題に正面から向き合うよう出版業界に求めた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。