アプリで読む
ダウンロード

漂流カメラ持ち主の日本人女子大生、宜蘭で児童と対面 感謝伝える/台湾

2018/04/27 14:44

東部・宜蘭県蘇澳の海辺に漂着したカメラの持ち主の日本人女子大生、椿原世梨奈さんが27日、カメラを拾った児童が在籍する岳明小学校を訪問した。児童らの歓迎を受けた椿原さんは感動の涙を流し、カメラを受け取ると児童らに直接感謝を伝えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.67