レジ袋削減政策、来年元日から拡大 ドリンク店での配布制限で約9億枚減少へ/台湾

2017/12/24 19:19

レジ袋の消費者への無料配布を制限するビニール袋削減政策の対象範囲が来年1月1日から拡大される。行政院(内閣)環境保護署によれば、新たに7業種でレジ袋の無料提供が禁止され、年間で約15億枚のビニール袋削減につながると見込まれている。中でも、新たに加わるドリンクスタンドでの禁止による削減の効果が最大を占め、約8億7000万枚減少するという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。