アプリで読む
ダウンロード

台北の日系ホテル、期限切れ食材の使用認める トップが謝罪/台湾

2017/03/14 17:46

ホテルオークラ傘下の高級ホテル「オークラプレステージ台北」(台北市)で、消費期限切れの冷凍エビやカビの生えたタロイモなどが使用されていたことが14日、分かった。与党・民進党所属の王威中・台北市議が記者会見で明らかにした。これを受け、同ホテルの後藤浩之総支配人は同日、期限切れ食材などの使用を認め、「管理責任者としての監督が不行き届きだった」として消費者に謝罪した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.23