アプリで読む
ダウンロード

中国軍が領空・領海に進入すれば「自衛権を行使できる」=国防相/台湾

2024/06/06 18:30
立法院外交・国防委員会で答弁する顧立雄国防部長
立法院外交・国防委員会で答弁する顧立雄国防部長

(台北中央社)顧立雄(こりつゆう)国防部長(国防相)は6日、基線から12カイリ(約22キロ)の領空や領海に中国軍が許可なく進入したら、自衛権を行使する命令を下せるとの見解を示した。

顧氏はこの日、先月20日に就任して以降初めて、立法院(国会)外交・国防委員会に出席した。

最大野党・国民党の黄仁立法委員(国会議員)と王鴻薇立法委員から国軍の「第1撃」と自衛権の定義について問われたのに対し、中国軍が台湾に対して発動する行為のみが「第1撃」であり、国軍が行使するのは自衛権だと言及。航行中の航空機や艦艇、施設、台湾本島、離島を中国軍が攻撃したり、いかなる飛行物体が許可なく領空や領海に進入したりすれば、自衛権を行使する命令を下せるとし、比例原則にのっとって自衛のために反撃をすると述べた。

(呉書緯、游凱翔/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104