新型コロナ/検査キット陽性で確定診断、先住民地区や離島住民に対象拡大/台湾

2022/05/23 14:01
抗原検査キットの中身を購入者と確認する薬剤師(中央社資料写真、北部・新北市内の薬局で撮影)
抗原検査キットの中身を購入者と確認する薬剤師(中央社資料写真、北部・新北市内の薬局で撮影)

(台北中央社)台湾では23日から、新型コロナウイルスの家庭用の抗原検査キットで陽性反応を示した場合、PCR検査をしなくても医師の判断で陽性の確定診断を得られる対象に台湾原住民(先住民)族地区や離島の住民が加わった。

確定診断を得るには、陽性反応を示した検査キットを所持して近くの医療機関を受診するか、オンラインで診療を受け、医師が検査結果を確認する必要がある。確定診断後、医師の判断で飲み薬を処方できるようになる。

近いうちに同措置の対象が全ての人に拡大される見通しで、中央感染症指揮センターは早ければ今週中にも開始する方針を示している。

台湾では感染が広がっており、同センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は今月下旬から来月上旬にかけてピークに達すると予測している。

(陳婕翎、郭建伸/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。