新型コロナ/検査キット陽性で確定診断、飲み薬処方可能に 65歳以上 18日から/台湾

2022/05/17 18:52
検査キット陽性で確定診断、飲み薬処方可能に 65歳以上 18日から=イメージ図はUnsplashから
検査キット陽性で確定診断、飲み薬処方可能に 65歳以上 18日から=イメージ図はUnsplashから

(台北中央社)台湾では18日から、65歳以上の高齢者が新型コロナウイルスの家庭用の抗原検査キットで陽性反応を示した場合、PCR検査をしなくても医師の判断で陽性の確定診断を下し、飲み薬を処方できるようになる。

中央感染症指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は、感染後の重症化リスクの低減を狙うためと説明した。

陽性となった検査キットを所持の上、近くの医療機関を訪れるか、オンライン診療で医師が検査結果を確認する。感染の可能性が高いと医師と患者の間で共通認識に達すれば、医師が感染の届け出を行う。その上で、医師の判断により米ファイザー製の飲み薬「パキロビッド」の処方が可能になる。

患者か医師のいずれかが検査結果に疑念がある場合、PCR検査を行うことが可能。または、医師の指導・監督の下、検査キットによる検査を再度行うこともできる。

(陳婕翎、汪淑芬/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。