米国、台湾に「パトリオット」技術支援 117億円規模 総統府が謝意

2022/04/06 12:37

米国務省は5日、台湾への地対空ミサイル「パトリオット」に関する訓練や保守などの技術支援や関連装備の売却を承認し、議会に通知した。売却額は総額9500万米ドル(約117億円)規模。総統府は6日、「心からの感謝」を表明し、台米の協力関係が盤石であることが改めて示されただけでなく、台湾の国防におけるニーズを米政府が重視していることの表れだとコメントした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。