台日貿易経済会議、11日にリモート形式で開催/台湾

2022/01/10 19:13

(台北中央社)台湾、日本双方の窓口機関が経済、貿易などについて意見を交わす「第45回台日貿易経済会議」が11日、リモート形式で開催される。話し合う議題や覚書締結の予定などについて、台湾側の窓口機関、台湾日本関係協会の周学佑秘書長は10日、中央社の取材に対し、会議終了後に報道資料で説明すると述べた。

同会議の開催は2019年10月以来約2年ぶり。1976年の第1回会議以降、毎年秋に開かれてきたが、第45回の開催は新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

開会式は台北市のオークラプレステージ台北(台北大倉久和大飯店)で開かれ、台湾日本関係協会の邱義仁会長と日本側の窓口機関、日本台湾交流協会の大橋光夫会長がそれぞれあいさつする予定。

(鍾佑貞/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。