台中立法委補選、与党・民進党候補が勝利/台湾

2022/01/09 19:57
台中市の立法委員補選に勝利し林静儀氏(左から2人目)
台中市の立法委員補選に勝利し林静儀氏(左から2人目)

(台中中央社)中部・台中市で9日、立法委員(国会議員)の補欠選挙が行われ、与党・民進党の林静儀(りんせいぎ)氏が勝利した。

同市第2選挙区では昨年、同党が支援し、初当選に導いたミニ政党・台湾基進の新人、陳柏惟(ちんはくい)氏のリコール(解職請求)が成立していた。9日の補選では、最大野党・国民党から出馬した同地を長年地盤とする顔家の顔寛恒(がんかんこう)氏と事実上の一騎打ちとなっていた。林氏は8万8752票を獲得し、顔氏は8万912票だった。投票率は58.26%。

選挙期間中、林静儀氏(右)に支援を寄せた陳柏惟氏(左)
選挙期間中、林静儀氏(右)に支援を寄せた陳柏惟氏(左)

林氏は当選を受け支持者に感謝し、台中市民のために力を尽くす姿勢を示した。選挙期間中、支援を寄せた陳氏にも謝意を示した。

(郝雪卿/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。