蔡総統「堅い民主主義陣営の構築を」=開かれた国会フォーラム/台湾

2021/12/02 13:45
「2021開かれた国会フォーラム」の開会式であいさつする蔡総統=総統府提供
「2021開かれた国会フォーラム」の開会式であいさつする蔡総統=総統府提供

(台北中央社)各国の国会議員や専門家らが民主主義の深化などについて話し合う「2021開かれた国会フォーラム」(開放国会論壇)が2日、台北市内で始まった。開会式に出席した蔡英文(さいえいぶん)総統は、国際情勢が急速に変化し、権威主義が拡張し続ける中、「われわれの目標は堅い民主主義陣営を築き、民主主義のレジリエンス(強靭性)を強化することだ」と訴えた。

蔡政権は2016年の発足以来、「開かれた政府」や「開かれた国会」を推進してきた。今回のフォーラムは立法院(国会)と外交部(外務省)、全米民主国際研究所(NDI)らが共同で開催した。国会が同様のフォーラムを開催するのは初めて。対面式とリモート形式の両方で開かれ、21カ国、37人の議員と専門家が参加した。このうちバルト3国のリトアニア、エストニア、ラトビアのほか、米国、メキシコ、中華民国(台湾)と外交関係を結ぶベリーズの6カ国からは15人が訪台した。日本からは安倍晋三元首相が書面で祝辞を寄せた。

蔡総統はあいさつで、フォーラムに参加した国はいずれも世界の民主主義コミュニティーの重要なメンバーだと言及。立法院や行政院(内閣)が開かれた国会や開かれた政府を目指す取り組みを開始したことに触れ、台湾は政府の透明性向上などを図る多国間の取り組み「オープン・ガバメント・パートナーシップ」(OGP)に参加するための安定的な基礎を築いているとアピールした。

また、民主主義の防衛線の最前線に位置する台湾は世界各国と経験を分かち合い、全ての民主主義のパートナーと共に民主主義や自由の価値観を守る用意があると述べた。

フォーラムは3日まで開かれ、国会の透明性や偽情報に対する国会の対応、民主主義の最前線などのテーマについて意見を交わす。

(葉素萍/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。