振興券、専用サイトで紙製予約や電子版ひも付け 抽選登録も/台湾

2021/09/15 18:55
記者会見で「五倍券」をはじめとする各種振興券をPRする唐鳳氏(前列左2)ら=経済部のウェブサイトから
記者会見で「五倍券」をはじめとする各種振興券をPRする唐鳳氏(前列左2)ら=経済部のウェブサイトから

(台北中央社)行政院(内閣)は15日、新型コロナウイルスの影響を受けた経済を活性化させるため導入する振興券「五倍券」の専用サイトを公開した。紙製の受け取り予約や電子版のひも付けなど各種手続きができるほか、五倍券とは別に発行される振興券の抽選の申し込みも可能だという。

1人当たり5000台湾元(約2万円)分消費できる五倍券。国民以外に永久居留権(永住権)を有する外国人や外国人配偶者らが使用でき、政府は2000億台湾元(約8000億円)の経済効果を見込んでいる。

デジタル政策担当の唐鳳(オードリー・タン)行政院政務委員(無任所大臣に相当)が15日の記者会見に出席し、サイトの使い方などについて説明した。サイトは今月22日から使用できるようになり、まずは電子版のクレジットカードやモバイル決済などとのひも付けができるようになる。

今月25日には紙製の受け取り予約が可能になる。健康保険証などで認証を行い、発行開始後、郵便局やコンビニなどで受け取れる。

専用サイト以外に、コンビニのキオスク端末や中華郵政の専用ダイヤルでも予約できる。

五倍券以外に、スポーツ関連の消費ができる「動滋券」、飲食店や夜市で使用できる「好食券」など8種の振興券1236万枚が抽選で発行される。専用サイトでは、抽選の参加に希望する券を選択することで、抽選登録できる。

(賴于榛、汪淑芬/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。