台湾からの義援金基に再建の南三陸病院 台北市長「台湾人の愛詰まっている」

2019/05/27 14:20

柯文哲台北市長は26日、2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県の石巻市や南三陸町を訪問し、復興状況を視察した。台湾からの義援金を使って再建された「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」を訪れた柯市長は「この病院には台湾人の愛が詰まっているといえる」と話し、台湾と日本の間に結ばれた絆が今後も続いていくことを願った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。