日本の団体が台湾の慰安婦像に乱暴 国民党議員、日台交流協会前で抗議

2018/09/10 18:29

慰安婦問題に関して日本の名誉を守ろうとする個人や団体で作る「慰安婦の真実国民運動」のメンバーが南部・台南市に設置された慰安婦像を蹴ったとして、野党・国民党議員や市民は10日午前、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所前で抗議活動を行った。これを受けて外交部の李憲章報道官は各界に対し、平和で理性的な方法で対処するよう求めた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。