米半導体大手クアルコム、台湾に775億円投資へ 独禁法めぐる訴訟和解

2018/08/10 17:09

公平交易委員会(公正取引委員会に相当)は10日、独占禁止法に違反したとして、米半導体大手クアルコムに234億台湾元(約843億4500万円)の課徴金を科したことをめぐる訴訟で、同社との和解が成立したと発表した。同社は今後5年で7億米ドル(約775億円)の台湾投資などを同委員会と約束したという。投資額と納付済みの課徴金27億3000万元(約98億4000万円)を合わせると、当初の金額を上回る。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。