台湾の現職・元総統、元野党党首に深い関心 第4原発反対ハンストで

2014/04/23 17:56

林義雄・元民進党主席が新北市に建設中の第4原子力発電所に反対するため、22日から抗議のハンガーストライキに入っている。72歳という高齢のため、各界からその体調を気遣う声が上がっており、馬英九総統や李登輝元総統も深い関心を寄せている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。