アプリで読む
ダウンロード

道路交通がテーマの特別展 懐かしい長距離バスのエンブレムも/台湾

2024/02/06 17:58
かつて台湾を走った長距離バス「金竜号」のエンブレム=公路局提供
かつて台湾を走った長距離バス「金竜号」のエンブレム=公路局提供

台北市の交通部(交通局)公路局台湾公路博物館で、台湾の道路交通に関する特別展が開催されている。6日からは台湾初の冷房装置を付けた長距離バスとして一世を風靡した「金竜号」のエンブレムが特別展示され、懐かしい時代を追体験できる。

金竜号は1970年代に日本から日野自動車製のバス30両を導入して運行を開始。台北や台中、高雄、台東、日月潭(南投)、天祥(花蓮)、墾丁(屏東)などの都市や観光地を結んだ。車内では添乗員によるガイドもあった。

展示は3月29日まで。道路交通がどのように台湾経済や旅行の発展をもたらしたのかを解説する。

(余暁涵/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206