金門県を自然共生の島に 林務局が意欲/台湾

2019/05/16 15:19

農業委員会林務局の廖一光副局長が10日、離島・金門県を訪問し、同局が提唱する生態保全プロジェクトについて楊鎮ゴ県長と協議を行った。廖氏は、島嶼生態系は外来種の侵入などにより破壊されやすいが、長期的な観測や新技術の応用で人と自然が共生できる環境を作れると述べ、島内の多様な生態系の保護に意欲を示した。(ゴ=さんずいに吾)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。