台湾の民主化の軌跡たどる写真展、東京で開幕 宜蘭出身の宋隆泉さんが撮影

2018/08/06 14:07

東部・宜蘭出身の写真家、宋隆泉さんの作品を通じて過去40年近くにわたる台湾の民主化の歩みを振り返る写真展が4日、台北駐日経済文化代表処台湾文化センター(東京都)で始まった。開幕式に出席した宋さんは、声を詰まらせながら東京での展示に喜びを示した上で、台湾の民主化への道は多くの人の努力によって切り開かれたものであり、その姿を再び人々に見てもらえるのはとても有意義なことだと語った。9月25日まで。入場無料。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。