アプリで読む
ダウンロード

台湾映画「KANO」、大阪で海外初上映 王貞治さんも絶賛

2014/03/08 16:07

7日開幕の「大阪アジアン映画祭」のオープニングを飾ったのは、嘉義農林野球部の甲子園決勝進出までの奮闘ぶりを描いた台湾映画の「KANO」。JR大阪駅では開幕セレモニーが行われ、ゲストとして招かれた馬志翔(ウミン・ボヤ)監督、魏徳聖(ウェイ・ダーション)プロデューサーや出演者らがレッドカーペットに登場。王貞治さんも出席し、「KANO」に太鼓判を押した。大阪はこの日摂氏5度と寒かったにもかかわらず500人近いファンがつめかけた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.223