台湾、韓国に惜敗 大会初黒星 U18野球W杯

2022/09/17 14:56
韓国戦に先発した黄保羅。5回を2安打無失点に抑える好投を見せた
韓国戦に先発した黄保羅。5回を2安打無失点に抑える好投を見せた

(台北中央社)米フロリダ州で行われている「第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(1試合7イニング制)は16日(台湾時間17日)、台湾が延長八回の末に韓国に2―3で敗れ、大会初黒星を喫した。

開幕から無傷の6連勝をマークしていた台湾。この日は0-0のまま延長戦に突入した。タイブレーク(無死一、二塁から開始)が採用された八回の表、3安打に味方の失策が絡んで3点の先制を許した。八回裏に2点を返したものの、あと1本が出なかった。

台湾は17日(同18日)のスーパーラウンド最終戦でオランダと対戦する。この試合に勝って韓国、米国と4勝1敗で並んだ場合、決勝に進む。3チームは直接対決の成績が同じ(1勝1敗)だが、得失点率差では台湾が米韓を上回っている。

(謝静雯/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
影片來源:WBSC
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。