アプリで読む
ダウンロード

若者44人が2泊3日の登山に挑戦 自然環境や文化学ぶ/台湾

2024/04/03 13:57
2泊3日の登山を無事終えて帽子を投げる若者たち(屏東県政府提供)
2泊3日の登山を無事終えて帽子を投げる若者たち(屏東県政府提供)

(屏東中央社)3月30日から4月1日にかけ、若者44人が2泊3日で南部・屏東県を代表する名峰、大武山を登るイベントに挑戦し、自然環境や文化を学んだ。県政府によれば、悪天候に見舞われながらも、全員が無事踏破したという。

イベントは1998年から県政府や農業部(農業省)林業・自然保育署屏東分署などが合同で実施。参加者は18~20歳が中心で、忍耐力や問題解決力などが試され、成人式として位置付けられている。

少なくとも男性は18キログラム、女性は15キログラムの登山装備をそれぞれ背負う。参加者らは事前に行われた2回の訓練を受けて本番に挑んだ。

県政府民政処によると、2日目には風が吹きつける険しい斜面を寒さに耐えながら登った他、3日目の下山時には大雨が降り、難易度と危険度が増したという。

県政府で参加者の帰りを出迎えた黄国栄(こうこくえい)副県長は「イベントを通じて山林に敬意を払い、山林を保護する理念を学んでもらい、仲間たちと苦楽を共にしたことを通じて、協力の大切さを理解してもらえれば」と語った。

(黄郁菁/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.111