旧愛国婦人会の建物で現代アート展 渡辺直美さんらの作品展示/台湾

2022/08/04 18:55
旧愛国婦人会の建物で現代アート展 渡辺直美さんらの作品展示=写真は高雄市文化局提供
旧愛国婦人会の建物で現代アート展 渡辺直美さんらの作品展示=写真は高雄市文化局提供

(高雄中央社)南部・高雄市に残る旧愛国婦人会館の建物で4日、現代アート展「Ms. Perfume 美力年代」が開幕した。台湾にルーツを持つタレントの渡辺直美さんとアートディレクターの吉田ユニさんによるコラボレーション作品が展示されている。

高雄市政府文化局の王文翠局長は、「現代女性クリエーティブアーツ」をテーマに、渡辺さんら異なる分野で活躍する9組のクリエーターを招き、視覚や嗅覚、聴覚を超えて、双方向で時代や思潮の変化を表現したと語った。

展示は10月23日まで。史哲(してつ)高雄副市長は、今回の展示を通じて、女性のパワーが将来、より多くの想像性と可能性が満ちたものになればと期待を寄せた。

会場となった建物は日本統治時代の1922(大正11)年に完成。2018年から3年かけて修復工事が行われていた。

修復工事を担当した建築士は建物について、赤れんがを使った洋風建築で、外観は繊細かつ優雅だと強調。ランダイスギが使われている部分があり、ヒノキと比べ、安定しており、特徴的な香りがすると説明した。

(曽以寧、蔡孟妤/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
修復後の旧愛国婦人会館=高雄市文化局提供
修復後の旧愛国婦人会館=高雄市文化局提供
影片來源:駁二藝術特區
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。