日本統治時代の彫刻家・黄土水制作の銅像、佐渡から台湾に返還へ

2022/07/28 18:03
山本悌二郎の銅像と写真に収まる謝駐日代表(右から2人目)ら=駐日代表処台湾文化センター提供
山本悌二郎の銅像と写真に収まる謝駐日代表(右から2人目)ら=駐日代表処台湾文化センター提供

(台北中央社)日本統治時代、台湾から最初に日本に渡り美術を学んだ彫刻家、黄土水による銅像が、新潟県佐渡市から南部・高雄市に返還されることになった。謝長廷(しゃちょうてい)駐日代表(大使に相当)は27日、佐渡市を訪問。返還を決めた佐渡市の渡辺竜五市長や市民に感謝の意を伝えた。

佐渡出身の山本悌二郎の銅像。日本統治時代、台湾製糖の創設に尽力し、社長も務めた。銅像は台湾製糖が高雄に置いていた工場にあったが、戦後に山本の親族らが日本に持ち帰り、佐渡市内の公園に設置された。

銅像は台湾製糖の社員たちが資金を調達し、黄土水に制作を依頼したとされる。黄土水は東京美術学校(現・東京芸術大学)で学び、台湾の芸術家として初めて帝展(現・日展)入選を果たした。

文化部(文化省)は、台湾美術史の再構築を目指し、海外に散らばる台湾の芸術家が手掛けた作品の「帰郷」に力を注いでいる。山本悌二郎の銅像は今年中に台湾に移され、高雄市立美術館が修復し収蔵する。また、複製品を制作し、佐渡市に贈るという。

謝代表と渡辺市長は27日、佐渡市内で面会。両市の関係深化に向けた覚書が結ばれた。渡辺市長によれば、高雄市から銅像の返還を願う意向が伝えられた後、市民から意見を募った上で返還が決定された。渡辺市長は、歴史の記憶が日台の後世に受け継がれていくことに期待を寄せた。

謝代表は、返還の実現は台湾と日本の官民の善意と熱意のおかげだと感謝した。

(編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。