中国空母に「模擬攻撃」を 米太平洋軍元司令官が提言/台湾

2018/08/29 19:48

米太平洋軍(現・インド太平洋軍)の元司令官で、米シンクタンク「笹川平和財団米国」の会長を務めるデニス・ブレア氏は、中国の空母「遼寧」が今後、台湾周辺の海域を航行した際、台湾はこの機会に乗じて模擬攻撃を行うべきだとの見方を示した。台湾の即応性を高めるとともに、遼寧が実戦の場では脆弱であることを中国軍に示すことができるとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。