アプリで読む
ダウンロード

【台湾あれこれ】台中の廃灯台に宿泊施設がプレオープン 台湾初

2024/04/12 18:40
高美灯台園区=2024年4月12日、中央社記者郝雪卿撮影
高美灯台園区=2024年4月12日、中央社記者郝雪卿撮影

中部・台中市清水区の廃灯台を再利用した高美灯台園区に12日、宿泊施設がプレオープンした。廃灯台に宿泊施設が併設されるのは台湾で初めてで、交通部(交通省)が進める灯台の活性化の取り組みの一環として整備された。王国材(おうこくざい)交通部長(交通相)は高美灯台の活性化は重要な一里塚になるとし、観光の盛り上げにつながるよう期待を寄せた。

高美灯台園区内にプレオープンした宿泊施設=2024年4月12日、中央社記者郝雪卿撮影
高美灯台園区内にプレオープンした宿泊施設=2024年4月12日、中央社記者郝雪卿撮影

宿泊エリアには4人部屋1室、2人部屋1室、バス・トイレ共用の2人部屋5室が設けられた。園区内には展覧スペースも導入された。地元の業者による軽食の販売も行われる。

宿泊客は灯台の内部も見学できる。

高美灯台は1967年建造。近隣の台中港灯台の建造に伴い、1982年に運用を停止した。

(郝雪卿/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19