台湾・星宇航空、宮古島上空から初日の出拝むフライト

2021/11/15 17:30
スターラックス(星宇)航空のエアバスA321neo型機=同社のフェイスブックから
スターラックス(星宇)航空のエアバスA321neo型機=同社のフェイスブックから

(台北中央社)スターラックス(星宇)航空の旅客機で2022年元旦の初日の出を沖縄県宮古島上空から拝むツアーが実施される。1万5千フィート(約4500メートル)の高さから初日の出を眺める。

桃園国際空港(桃園市)発着で、約3時間の空の旅。午前5時半に離陸し、宮古島へ向かう。初日の出を観賞した後、帰りには台湾東部に沿って飛行。乗客は東部に延びる平原、花東縦谷や山脈、海が織りなす自然の景色を上空から楽しめるという。投入される旅客機はエアバスA321neo。

エコノミークラスでは日本式の焼き肉、ビジネスクラスでは飲食店の格付け本、ミシュランガイドで1つ星を獲得したレストランバー「Longtail」(台北市)の料理が提供される。

旅行大手ライオントラベル(雄獅旅遊)が予約を受け付ける。

(余暁涵/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。