国営化から10年 桃園空港に「専属の香り」 台湾の風景や文化伝える

2020/11/03 18:23

台湾桃園国際空港を運営する桃園国際機場公司(桃機公司)は1日、国営企業となって満10年を記念する記者会見を開き、これまでの歩みを振り返るとともに、さらなるサービス向上を目指して開発された「台湾の玄関口の香り」(国門香)を発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。