桃園空港、出入口を約3分の1に 利用者・従業員全員に検温実施/台湾

2020/04/01 12:15

桃園国際空港は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月1日から第1、第2ターミナルの出入口数を従来の63カ所から20カ所に減らし、全ての利用者、従業員に対して検温を実施する。体温が37.5度を超えた場合は入場を拒否する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。