日台運転免許相互承認 台湾側が電子化を要望 年間20万件超の申請

2018/12/08 19:01

台湾と日本は自動車運転免許の相互承認を行っており、台湾人が台湾の免許証とその日本語翻訳文を所持していれば、決められた期間内日本で運転することができる。交通部(交通省)公路総局の統計によると、台湾では、日本旅行熱の高まりを受け、翻訳文の申請件数が年間20万件を上回る。同局は電子化に向け、現在日本側との協議を進めている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。