アプリで読む
ダウンロード

台北市立動物園のレッサーパンダ、日本で「お見合い」 繁殖に挑戦へ

2024/04/20 18:15
台湾から東京・多摩動物公園に送られたレッサーパンダの「可頌」(カソン)=台北市立動物園提供
台湾から東京・多摩動物公園に送られたレッサーパンダの「可頌」(カソン)=台北市立動物園提供

(台北中央社)台北市立動物園で飼育されていたレッサーパンダの雄1匹が、日本で「お見合い」することになった。19日には無事に貸し出し先の東京・多摩動物公園に到着し、繁殖に期待が寄せられている。

貸し出されたのは中国語で「クロワッサン」を意味する「可頌」(カソン)。台北市立動物園によると、2017年生まれで、性格は度胸がありながらも慎重で穏やか。食べ物についても好き嫌いがなく、お見合いに最適だと判断したという。

レッサーパンダを巡っては、昨年日本動物園水族館協会(JAZA)の調整の下、浜松市動物園で飼育されていた雄の「ミライ」が台北市立動物園に送られ、繁殖に向けた取り組みが行われている。

(陳昱婷/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104