東部地震/台東M6.4地震 余震、今後1カ月続く可能性/台湾

2022/09/18 12:50
国家災害防救科技センターのLINE公式アカウントより
国家災害防救科技センターのLINE公式アカウントより

(台北中央社)東部・台東で17日夜に起きたマグニチュード(M)6.4の地震について、中央気象局地震センターの陳達毅課長は18日朝、メディアの取材に応じ、余震が今後1カ月にわたって続くとの見方を示した。

陳氏によれば、今後2日以内にM5以上、5日以内にM4以上の余震が起こる可能性があるという。

17日夜の地震の震源は、台東県北部に位置する関山。深さは7.3キロで、同県池上で震度6強だった。陳氏は、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの活動によるものだったと説明。台湾本島を南北に貫く中央山脈の断層に関連する地震だと分析した。

(余暁涵/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。