新型コロナ/陳前副総統「経験分かち合う」 コロナサミットにメッセージ/台湾

2022/05/11 13:18
台湾の新型コロナ対策などについて語る陳前副総統=外交部提供
台湾の新型コロナ対策などについて語る陳前副総統=外交部提供

(台北中央社)陳建仁(ちんけんじん)前副総統は11日までに、米国などにより12日にオンラインで開催される新型コロナウイルス対策を話し合うサミット(首脳会議)に対してビデオメッセージを寄せ、引き続き民主主義のパートナーと協力し、国際社会と経験を分かち合うことに意欲を示した。

サミットは昨年9月に続き2回目の開催。台湾は米国からの招待を受け、2回連続で出席する。

陳氏は、台湾は2020年4月以降、80カ国以上に対して7000万米ドル(約91億2800万円)を超える医療物資を提供していると強調。さらに150万ドル(約2億円)を寄付し、世界のワクチン接種率向上に協力する方針を示した。

また新型コロナは生命を脅かすだけでなく、民主主義や人権、良きガバナンスなどに危害を加えると指摘。台湾が推進するコロナ対策「台湾方式」は、現在の民主主義国家が高い開放性や透明性を堅持し、科学技術を駆使してウイルスに立ち向かえることを証明しているとアピールした。

(編集:齊藤啓介)

影片來源:中華民國外交部 Ministry of Foreign Affairs, ROC〈Taiwan〉
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。