アプリで読む
ダウンロード

台湾企業が日本にマスク124万枚寄贈 謝駐日代表「ワクチン支援に感謝」

2021/09/18 13:21

北部・桃園市に本社を置く台湾の不織布メーカー、易廷は17日、全国の市町村長らで発足予定の「日台共栄首長連盟」にマスク124万枚を寄贈した。埼玉県内で行われた式典に出席した台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃちょうてい)代表(大使に相当)は、台日間で励まし合ったり応援し合うことは善の循環だと語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.223