アプリで読む
ダウンロード

台湾、防疫関係者へのワクチン接種開始 各市長が安全性アピール

2021/04/12 14:06

台湾は12日、新型コロナウイルスワクチンの接種対象を行政の防疫関係者や接触リスクが高い業務従事者にまで拡大した。すでに接種が始まっている医療従事者を含めると、優先接種の対象者は計61 万3000人。各県市の市長は同日午前、各地の病院でワクチンを接種し、安全性をアピールした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.81