陽性の日本人関係者、「抗体」全員陰性 市中に「感染広げていない」/台湾

2020/07/08 17:59

新型コロナウイルス対策に当たる中央感染症指揮センターは8日、台湾から帰国後、空港の検査で陽性と判定された日本人女性の関係者213人に実施した抗体検査の結果について、全員陰性だったと発表した。同センターの専門家代表を務める張上淳・台湾大教授は、仮に女性が感染していたとしても市中に「感染を広げていない」と断言。女性が感染していないのに陽性と判定される「偽陽性」の可能性も排除できないとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。