アプリで読む
ダウンロード

東洋のノーベル賞「唐奨」 バイオ医薬賞に阪大・岸本忠三氏ら3人/台湾

2020/06/19 15:27

台湾で「東洋のノーベル賞」を目指して始まった「唐奨」を運営する唐奨教育基金会は19日、第4回バイオ医薬賞を、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの岸本忠三特任教授ら日米英の科学者3人に贈ると発表した。炎症を引き起こすたんぱく質の発見や薬の開発に貢献した功績が評価された。3人の研究は、新型コロナウイルス感染者の一部に起こる免疫系の暴走「サイトカインストーム」の救世主となることが期待されている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.67