クルーズ船検疫、対象者は全員陰性 台湾人乗客ら、帰宅の途へ

2020/02/09 18:25

北部・基隆港に8日到着した国際クルーズ船「スーパースター・アクエリアス」の一部乗船者を対象に実施した検疫で、全員陰性だったことが分かった。陳時中・衛生福利部長(保健相)が同日夜の記者会見で明らかにした。検査結果を受け、1700人余りの乗客が下船し、帰途に就いた。乗客には今後、14日間にわたる健康面の自己管理が求められる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。