アプリで読む
ダウンロード

日本時代創設の書店が復活、プレオープン 文化啓発の役割継承/台湾・台中

2019/11/01 18:15

日本統治時代に創設された書店「中央書局」が20年余りの時を経て復活し、中部・台中市中区で1日、試験営業を開始した。各期のテーマに合わせて書籍や商品、飲食を販売するほか、展示スペースの機能も兼ね備える。同店の運営責任者は、かつて文化啓発の役割を担っていた同書店が今後もその役割を継承し、新たに発展させていければと期待を寄せた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107