屏東産マンゴー、生産量減少 通常の5~6割ほどに/台湾

2017/04/07 17:30

南部・屏東県でアップルマンゴー(愛文)の収穫が他地域に先駆けて始まっている。行政院(内閣)農業委員会農糧署南区分署の姚志旺署長によれば、同県産アップルマンゴーの今年の生産量は通常の5~6割に留まるとみられている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。