次世代の幸福指数、台湾がアジア太平洋地域で1位に=カード会社調査

2016/01/06 11:09

クレジットカード大手のマスターカードがアジア太平洋地域の17の国・地域を対象に実施した「次世代の幸福指数調査」で、台湾が1位に輝いた。財務、健康、仕事のストレス、家庭のストレスの4項目で先進国の平均値を大きく上回り、台湾の人々の将来を楽観視する姿勢が明らかになった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。