アプリで読む
ダウンロード

棋士の女性、セクハラ被害を告発 台湾代表監督が辞意表明

2023/08/16 15:43

第19回アジア競技大会の囲碁台湾代表に選ばれていた棋士の蘇聖芳さんは15日までに、台湾代表の訓練期間中、監督を務める棋士の周俊勳さんからセクハラ被害を受けたと週刊誌を通じて告発した。周さんは一時は「でっちあげ」だとして否定したが、15日夜、代表監督を辞任する意向を表明し、蘇さんに謝罪した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.81