ポエが立った 基隆の廟「20~30年ぶり」 地震でも倒れず/台湾

2022/02/10 18:18

占い道具「ポエ」で珍しい現象が起きた。2つで1組になっている三日月型のポエを投げ、出た面の組み合わせで神意を問うという占いだが、北部・基隆市八斗子の福清宮では、表でも裏でもなく、ポエが地面に立つという現象が見られた。同廟の職員は20~30年ぶりに見たと話している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。