アプリで読む
ダウンロード

国軍、実戦想定の射撃訓練を強化 将来は1年間の義務兵も対象に/台湾

2023/02/21 20:03

中国軍により台湾海峡の平和と安全が脅かされる中、兵士の射撃精度を高めるため、国軍は今年から実戦を想定した射撃訓練の実施を進めている。射撃の姿勢については従来のうつぶせになって撃つ伏射に加え、新たに片膝を立てて撃つ膝射や立った状態で撃つ立射が取り入れられた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.16