アプリで読む
ダウンロード

台日合作ドラマ「路」 出発点は「台湾にお礼したい」との思い=演出・松浦氏

2020/05/15 19:17

台湾と日本で16日に放送開始される台日共同制作ドラマ「路~台湾エクスプレス~」の記者会見が15日、台北市内で開かれ、俳優のアーロン(炎亞綸)ら台湾の出演者が同作をPRした。演出を担当した松浦善之助氏はビデオメッセージを寄せ、2011年の東日本大震災発生時に台湾から寄せられた支援に対してお礼をしたいとの思いが同作制作の出発点になったと明かした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.106