チャイナエアライン、ピカチュウジェットを今秋運航へ 観光復興を後押し/台湾

2022/07/27 19:33
チャイナエアライン、ピカチュウジェットを今秋運航へ 観光復興を後押し
チャイナエアライン、ピカチュウジェットを今秋運航へ 観光復興を後押し

(台北中央社)チャイナエアライン(中華航空)は27日、人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターを機体に描いた特別塗装機「ピカチュウジェット CI」を今秋から運航すると発表した。関連の機内販売商品も開発し、新型コロナウイルス後の観光復興を盛り上げる。

ポケモン社が航空・観光業界を支援しようと進めている「そらとぶピカチュウプロジェクト」の一環。チャイナエアラインは同社のESG(環境・社会・ガバナンス)の理念と同プロジェクトの狙いが合致することから、ポケモン社とのコラボレーションを決めた。ポケモン社は版権使用料を無償とし、塗装機にかかる費用を全て負担した。機材はチャイナエアラインが今年新たに導入したエアバス「A321neo」を使用する。

ポケモン社によれば、機体にはピカチュウやシェイミ、カビゴンなど11匹のポケモンを描いた。瞬く星が散りばめられた紫色の背景は、夜明け前の空をイメージした。

チャイナエアラインの高星潢総経理(社長)は記者会見で、東南アジアや北東アジア路線にピカチュウジェットを投入すると説明。ポケモン社が公式サイトで公開している情報によれば、台北―東京間を含め、アジア地域をメインに運航される予定。

機内販売商品について高氏は、内容は秘密だとし、楽しみにしていてほしいと話した。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。