感染防止策強化、水際・国内ともに「まだ必要なし」=陳指揮官/台湾

2021/01/25 17:50

旧正月(春節)の連休を来月に控える中、新型コロナウイルスの国内感染が拡大しているのを受け、台湾内では感染防止対策の強化の有無に関心が寄せられている。中央感染症指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は25日の記者会見で、現時点では水際対策や国内対策ともに強化の必要はないとの見解を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。