台南で八田與一技師の慰霊祭 頼副総統、台湾と日本の連携継続願う

2022/05/09 13:55

日本統治時代に台湾の水利事業に大きく貢献した日本人技師、八田與一の慰霊祭が命日の8日、南部・台南市の烏山頭ダムで行われた。式典に出席した頼清德(らいせいとく)副総統は、八田の貢献に感謝するとともに、台湾と日本の間の固い友情に言及し、台日双方が引き続き協力し、ウィンウィン(相互利益)をもたらせるよう願った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。